小さなお葬式の知っ得ガイド

小さなお葬式で用意する喪服

小さなお葬式で用意する喪服の写真

遺族や近しい親族はもちろん喪主は通夜式から喪服を着るのがルールです。服装は洋服でも和服でも構いませんが、現代では洋服(ブラックスーツ)を着用されることが多いです。なお、女性は小物やメイク、アクセサリーなどにも派手になりすぎないように気を配りましょう。

最近の主流は略礼服

洋服を着用される場合、男性の場合は正礼服としてモーニングの着用が良いとされています(通夜式を除く)、しかし最近では通夜式や告別式ともに略礼服でも構わない、という風潮があり、そのようなケースが増えています。男性の場合は、ブラックスーツが基本です。靴は黒色で光沢のないものが良いです。靴下は黒色の無地で、白色はよろしくないです。ベルトも黒色を着用、派手な金具のついたものは避けましょう。カフスボタンをつける場合は黒色か目立たない色にしましょう。女性の場合は黒色のアンサンブルやワンピースの物がよいです。裾丈の短い服はおすすめできません。靴は低めのパンプスで光沢のないもの、鞄も黒くて光沢のないものを持ちましょう。ストッキングも黒が基本です。アクセサリーはつけないことをおすすめします。子供は制服がある場合は制服で、制服がない場合は黒色や紺色の服装で、靴下は白でも黒でも構いません。数珠も忘れずにしましょう。葬儀において数珠を用いることは正しい作法であり、故人を偲びよりそう気持ちを表す道具の1つです。ですので、仏式のお葬式では必須の持ち物となりますのでお忘れなく。宗派により、デザインや持ち方が変わることがありますので、できれば事前に確認して用意しておくことが望ましいです。

喪服を準備しましょう

アクセサリーは着けない、が正式です。正装では、結婚指輪やパール、オニキス、など以外のアクセサリーは避けましょう。どうしてもつけたい場合は、目立たないイヤリングなど地味なものを選びましょう。パンツスーツでの参列はどうでしょう?機能的ではありますが、年配の方には略式な印象をもたれがちです。お葬式では黒色のスカートのほうが当たり障りがありません。持っていない場合はレンタルもおすすめです。寒い季節の服装としてはタートルネックでも構いませんが、ブーツなどの着用は避けましょう。反対に暑い季節には半袖シャツでも構いませんが、式中はジャケットを着用し、ジャケットを脱ぐのは会場外に限定しましょう。乳幼児を連れている場合は、白や黒などのシャツ・ブラウスなど地味なものを心がけましょう。乳児の場合は飾りの少ない服装がおすすめです。アクセサリーを付ける場合、黒色のネックレスで白色のイヤリングといったように、黒と白を混ぜるのは避けましょう。イヤリングとネックレスであればネックレスを優先して、イヤリングは外しましょう。なお、二連以上のネックレスは華美な印象を抱かれますし、「不幸が重なる」という連想ができてしまうため、避ける様にしましょう。女性の場合、メイクやネイルは控えめにしましょう。するにしても、濃い色は避けてマスカラやアイランは控えめにしましょう。ネイルも避けるべきですが、するのであればベージュや自然な色に留めましょう。重ねて言いますが、エナメルや金具、ラメ入りの光沢のあるものは服でも持ち物でも避けましょう。バッグや靴は布製のものも増えていますが、光沢のあるものは避けてください。妊娠中の喪服はレンタルがおすすめです。マタニティ用の喪服も売ってはいますが、使う時期が限られ、一時的に買うにはもったいないです。または、黒に近いワンピースなどで済ませるのもおすすめです。

グランドセレモニーの小さなお葬式